地震から「家族を守る家」

「家を建てても地震が来たらどうしよう」「ここは地震の多い地域だから・・・」
マイホームが欲しくでも地震の心配で建てることができない方がたくさんいらっしゃいます。
An.dyouではよくある地震に強い家ではなく地震から「家族を守る家」を実現しました。
さらにあなたのご要望に応じて様々な地震対策の組み合わせが可能です。

地震対策の違いを知ることで暮らしが変わる!

地震対策には、工法によりそれぞれで違った特徴があります。
安全で快適な暮らし方を実現するなら、それぞれの特徴を把握したうえで地震対策をすることが必要です。



jishin

公共施設クラス以上の耐震構造 An.d you標準仕様「耐震+制震」

耐震には住宅性能表示制度という基準があり、3段階の耐震等級が設けられています。
taishintokyu

通常、住宅は「等級1」で建てられますがAn.d youの家は標準で耐震等級3としています。
また、一般住宅では通常義務化されていない耐震・壁量計算等を一棟づつ行い、確実な地震対策を施しています。

低コストで効果大!「耐震+制震」

耐震対策は強く固めてしまう為に「繰り返しの地震に弱い」というデメリットがあります。
その弱点を補うために考えられたのが「制震対策」です。
制震装置を建物全体に施工し、地震エネルギーを吸収し、建物へのダメージを大幅に低減します。

揺れ幅を最大80%カット
tape_toku01-shusei制震装置は、高層ビルの制振に用いられる素材を、木造住宅用として加工したものです。110年間以上の高い耐久性を有し、余震が何十回続いても新築時の粘り強さを保ち、振動エネルギーを熱エネルギーに変換し揺れ幅を最大80%低減します。
右のイラストのように、大地震時に柱・梁は平行四辺形に変形しますが、面材は長方形のまま抵抗するので、これらの間にズレが生じ、柱・梁と面材を固定している釘が曲がったり、折れたりします。このため住宅全体が緩み、地震の度に変位がドンドン大きくなっていきます。
制震材をこのズレる部位に挟むことによって、振動エネルギーを熱エネルギーに変換し、住宅の揺れを軽減させます。

An.d you特別仕様 究極の地震対策「エアー断震システム」

大型地震でもコップの水もこぼれない!揺れを約1/30に軽減

エアー断震システムは空気の力で家を空中に浮かせて地震の揺れから避難させる最新の地震対策装置です。地震発生から約0.5秒~1秒程で空気タンクに貯蔵してある空気を人工地盤と基礎の間に瞬時に送り込み、建物全体を浮上させます。建物と実際に揺れている面は切り離されるため、建物そのものはもちろん、最愛のご家族を守ることができます。また一般的な免震システムに比べ安価ですので、ローコストで究極の地震対策が可能です。

about_img04-300x283-1